時間 -time-

短眠生活を疑似体験する「365日シミュレーション」

投稿日:

 

普通の睡眠時間から、1日3時間以下の短熟睡を習慣にするまでに、どんな感情や実感を湧くのか、「短眠生活の365日シミュレーション」を用意しました。

最初にチャレンジャーの日記のようなものがあって、そのあと私のコメントを置いています。

ほとんどの人がこのストーリーをたどるので、ぜひ疑似体験してみてください!

 

短眠生活1日目:短熟睡生活スタート

 

睡眠時間:4時間

 

2週間のオリエンテーションを完了して、いよいよ今日から本番開始。

8時間睡眠から4時間睡眠にチャレンジしていく。

司馬とやらの話を聞いて、「短眠が良いもの」だとしっかり理解できた。

短時間睡眠に対しては、不安8割の期待2割。

いままでの自分に自信がなく、三日坊主になることばっかりなので、変われるか不安。

 

ただ4時間睡眠は意外とあっさりできた。

日中の眠気は無かったので、このまま楽にいけそう、案外簡単かも。

 

【司馬コメント】

最初は2週間ほどオリエンテーションを行って、徐々に睡眠時間を減らしていきます。

意外と簡単に出来たのは、やる気と興奮によって脳内物質が分泌されたからです。

寝ることで、このやる気はゴンゴン減っていくので、初心を忘れずに進めていきましょう。

 

 

短眠生活7日目:不穏な空気

 

睡眠時間:4時間

 

最初の3日間くらいは多少眠いながらも、問題がなかった。

ただ、昨日あたりから「短時間睡眠」にせいでいろいろな影響が出ている。

  • ストレス
  • 疲れが取れない
  • 日中眠い
  • 仕事のミス

正直このまま続けて大丈夫なのか、という不安が大きい。

やっぱり「短眠は身体に悪い」のか。

 

【司馬コメント】

不安になるのは「短時間睡眠で体と脳にどんな作用があるのか、その結果、どんなメリットが生まれるのか」の理解が足りていないからです。

 

しっかり理解したのは概要だけで、「なぜメリットがあるのか」まで理解が出来ていません。

もう一度教えた内容をおさらいしましょう。

 

慣れていないと、あらゆる不調を短時間睡眠のせいにしてしまうのは分かります。

迷いと不安もあります。

 

でも不調の原因は睡眠時間ではなく、

  • 仕事のやり方
  • 運動習慣
  • 食事
  • 人間関係

いろんなところに原因があります。

 

『運動をするようにしたら、ストレスが無くなった』

『ストレッチと有酸素運動で疲れにくくなった』

『パワーナップで眠気が無くなった』

そんなことばっかりです。

「眠りに逃げず」冷静に一つずつ見つめ直しましょう。

理解が足りていない部分について、改めて説明するようなサポートになります。

 

 

短眠生活30日目:中だるみってやつ

 

睡眠時間:4時間

慣れてきたせいか、眠気が強くなってきた。

二度寝をしたのに、眠い。

この前は寝坊をしてしまったので、また短時間睡眠が出来るか不安になってきた。

 

 

【司馬コメント】

不調の原因を解明して対処する間、睡眠時間を増やして、少し緩めましょう

以前の8時間睡眠に比べると、まだまだ短いですが、楽になるはずです。

不調の原因としては、細かなルールを破っていたりする可能性があるので、ひとつずつ確認していきましょう。

課題解決の為に、集中してサポートしていきます。

 

 

短眠生活90日目:起承「転」結

 

睡眠時間:4時間

  • 運動するようになった
  • 二度寝の回数が減った
  • パワーナップを習慣にできた
  • 眠気を抑止することができた
  • 寝付きが良くなった

色々なものが改善されて、短時間睡眠の効果を実感している。

集中力が続くようになったり、作業の効率が上がったり、少しずつパフォーマンスが向上している感覚がある。

 

自分の時間が確保できて、趣味に楽しむワークライフバランスが取れてきた。

また、眠気や疲労があっても、原因が分かるようになってきたので、しっかりコントロールが出来ている。

 

【司馬コメント】

ここまでくれば「寝るのがもったいない」と実感することが出来て、獲得した自由時間を、自分の好きなことに使えるようになります。

最初の頃、ちょっとした眠気や不調も「短時間睡眠」のせいにしていたのを思い返して、ちょっと恥ずかしくなったりもします(笑)

 

ダイエットでも効果を実感しだすのは、3か月を経過してからです。

しっかりと睡眠と向き合えたご褒美を楽しんでください。

 

ただし、ちょっとした気のゆるみから、連続してルールを破って、リバウンドを起こさないようにしましょう。

歯磨きみたいに、意識しなくても出来るように見守りサポートをしていきます。

 

 

短眠生活180日目:短眠レベルが向上

 

睡眠時間:3時間

 

4時間での睡眠が全く問題なくなったので、司馬さんと相談した上で、睡眠時間を3時間にレベルアップした。

短眠をするのが当たり前になっている。

試しに8時間寝てみたが、起きた後、身体がしんどくて、日中の眠気も辛かった。

「あぁ、私はショートスリーパーになってしまったんだな、、、、」と実感する(笑)

 

増えた時間を使うのも上手くなってきて、人生の満足感が高まっている。

仕事の効率が高まり、早く終わらせることが多い。

新しい趣味も見つけて、友達ができた。

自分だけじゃなくて、人のために使う時間も増えてきて、家族サービスをしたり、友達の悩みを相談したり、「ありがとう」と言われることが多くなった。

 

【司馬コメント】

このように、半年間で睡眠だけでなく生活のレベルが上がります。

短時間用の生活リズムが構築されるので、一般的に言われる「睡眠の常識」が通じなくなります。

7時間以上寝ないと、判断力が60%低下する!」という情報を聞いても、

いや、前より仕事早くなったんですけど」と鼻で笑うレベルになります。

 

時間の使い方が変わって、遊びや余暇の充実度や、周りの人とのコミュニケーションも変わります。

こういう部分に、人生の楽しさとか幸せとかが転がっているので、「短眠を初めて良かったな」と本当の意味で思えるようになります。

 

睡眠に関して、サポートの必要性がなくなってくるので、

その先にある、パフォーマンス向上とか、時間術のノウハウとか、

会社以外の収入を作る方法とか、そうしたことを教えていけるようになります。

短時間睡眠は、あくまでスタートなんで。

 

 

短眠生活365日目:短眠のその先へ

 

睡眠時間:2,3時間

7時間寝ていた頃の自分が、かなり昔のことのように感じる。

「そういえばそんなに寝ていたな」みたいな。

 

上司からも「仕事のやり方が変わった」と評価してもらって、自分のできることが増えてきた。

土日は友達と遊んだり、家族で出かけたり、そんなことばっかりSNSに投稿してるから、みんなから「いつも楽しそうで羨ましいわ」といいねやコメントが来ている。

 

昨日は駅で困ってる人がいたので、時間もあるから道案内をしてあげた。

お返しにもらったみかんがアマウマでラッキー。

 

実は、会社の仕事を続けながらも、好きなことを仕事にするために、スキルアップや勉強を始めている。

7時間寝ていた頃では考えもしなかったけど、大切な時間を幸せに生きるために頑張ってみようと思う。

 

【司馬コメント】

1年経って、完全に「コッチ」側の住民になることが出来ました。

歴史上の偉人、著名人、世界トップ経営者、そんな成功者と同じ習慣を手に入れて、同じように時間を使うことが出来ているわけです。

そりゃ人生好転して当たり前ですよ、と。

 

ちょうど1年前に、この道を通った夜、「短時間睡眠が出来るか不安、自分に自信がない」とブルってたのを、昨日のことのように、今ハッキリと思い出す。

同一人物とは思えないくらいに、前向きでチャレンジングでイイ奴に進化することが出来ました。

 

僕との関係も、コーチ・コンサル生という枠組みを超えて、短眠仲間、趣味友達、ビジネス上の交流など、良好な関係が続いていくことでしょう。

 

まとめ

かなりリアルだったと思います。

というのも、僕自身の葛藤や、迷い、成長、変化、それをベースにして、コンサル生の言葉や、その時の僕のサポートを交えて作ったからです。

 

「ショートスリーパー・・・なんやそれ」

「怪しい、絶対身体に悪い」

 

いろんな不安、あると思います。

 

まぁ、僕がいるんで大丈夫です、なんでも聞いてください。

 

圧倒的な時間を求めるあなた へ

短眠スキルをGETできるメール講座を公開中!

 

 

 

 

-時間 -time-
-, , , ,

Copyright© 短眠ラボ , 2020 All Rights Reserved.