精神 -Mind-

大セレブたちのクセが強い睡眠習慣!

投稿日:

 

現実世界で尋常でなく成功している大セレブたちは、誰もがクセの強い生き方をしています。

それは「睡眠習慣」にも色濃く反映されており、その人独自のこだわりを持っています!

 

今回は政治・経済・エンタメと、各界のセレブたちのクセのある睡眠習慣をピックアップしてみましたので楽しんでご覧ください!

セレブたちの睡眠習慣を真似して、リッチな生活を手にしましょう!

 

眠りのクセが強いセレブたち

 

政治界のセレブたち

ウィンストン・チャーチル(元英首相)  

眠りのクセ度 

 

 

 

 

 

チャーチル氏は、首相時代に短時間睡眠を習慣にしており、深夜3時から朝8時に起きていました。

国会議事堂の中にチャーチル氏専用のベッド存在し、パワーナップを取っていたとされています。

 

ドナルドトランプ(現米大統領)  

眠りのクセ度 

 

 

 

 

 

 

不動産王からアメリカ大統領になったドナルド・トランプ氏は70歳を超える高齢者ですが、1日3~4時間の生活を何十年も続けているそうです。

「12時間寝ている人が、どうやって3時間しか寝ていない人に勝てるというのだ?」と考え、ビジネスマン時代から常に勝ち続ける人生を歩んでいます。

 

経済界のセレブたち

ビルゲイツ(Microsoft社創業者)  

 眠りのクセ度 

 

 

 

 

 

 

世界長者番付の1位に長らく君臨していたMicrosoft創業者のビルゲイツ氏。

彼がMicrosoftを立ち上げた現役時代は、寝る間を惜しんで開発作業を進め、その少ない睡眠時間から”SleepLess(不眠)“と表現されるほどでした。

現在は慈善活動や教育活動に力を入れており、時間にも余裕があるので7時間睡眠の生活リズムを習慣にしているとのこと。

 

インドラ・ノワイ(ペプシコ社CEO) 

眠りのクセ度 

 

 

 

 

 

 

ペプシコーラで有名なペプシコ社のCEOあるノワイ氏は、短時間睡眠を習慣にしているセレブでもあります。

世界大学ランキングTOP10常連のイェール大学に在学中、昼は学業、夜は深夜の受付業を行うことで短時間睡眠を習慣にし、今現在も一日4時間ほどの睡眠を習慣にされています。

 

エンタメ界のセレブたち

トム・クルーズ(ハリウッド俳優)  

眠りのクセ度 

 

 

 

 

 

私の一番好きな映画シリーズ「ミッションインポッシブル」でおなじみのトム・クルーズ。

あのスマートな見た目からは想像できないですが、いびき音がとんでもないため、周りに迷惑をかけないように完全防音の寝室で寝ているらしいです。

迷惑も掛かりませんし、周りの騒音に悩まされることもないので一石二鳥というわけですね。

 

マライア・キャリー(歌手)  

眠りのクセ度 

 

 

 

 

 

 

 

1990年から2010年まで活躍し、世界に大旋風を巻き起こしたマライア・キャリー。

恋多き彼女がたどってきた恋愛遍歴のクセも強いですが、眠りに対するこだわりにも大クセがあります。

現役時代に取材された記事には、商売道具のノドと髪の毛を乾燥から守るために、20個の加湿器を置いて寝ていたとの告白が。

睡眠時間のこだわりも強く、「ベストな歌声を出すためにライブ前は15時間寝ている」とのこと。

ペット用のハムスターの平均睡眠時間が14時間なので、マライアキャリーはハムスターよりも繊細な感覚を持っているのかもしれませんね。

 

まとめ

長年、研究がされていますが、ほとんどのことは分かっていないのが睡眠科学の現状です。

 

「食べたら太る」「トレーニングで筋肉が付く」「勉強すれば頭がよくなる」

というような「揺るがない事実」がほとんど存在せず、

あくまでも、「今の所そう考えられる」という仮説が存在するだけです。

 

自分が触れる情報や、専属トレーナー・専門医のアドバイス次第で、「自分にとって理想の睡眠」は形を変えます。

 

ここに挙げた一例も、そうした背景があっていろいろな眠り方を生んでいるのではないでしょうか。

 

どんな眠り方であれ、セレブたちはみんな自分の眠りにこだわりを持っています!

 

「なんとなく寝る」のをやめて、前向きな睡眠習慣を実践していきましょう!

 

圧倒的な時間を求めるあなた へ

短眠スキルをGETできるメール講座を公開中!

 

 

 

 

-精神 -Mind-
-,

Copyright© 短眠ラボ , 2020 All Rights Reserved.