パフォーマンス -performance-

一流の頭脳を手に入れる「短熟睡」のススメ!

投稿日:

 

頭がいい人って、かっこいいですよね。

  • 1を聞けば10出来るし
  • 時間の使い方が上手いし
  • 冷静に判断できるし
  • 発想力も豊か

そんなスーパーマンになるために「短熟睡」が効果的なんです。

「眠らないと記憶が定着しない」なんて聞きかじった情報は、一旦置いて、頭が良くなるメカニズムを理解していきましょう!

 

頭の仕事

「頭が良い」の定義ですが、なにも勉強ができるだけではないです。

脳が行っている仕事は、大体こんな感じです。

分析

創造

記憶

情報処理

思考

 

勉強はいわば「覚えたことを如何に再現できるか」というゲームなので、

「記憶」と「情報処理」が重要な項目になります。

例えば「勉強できひんけど賢い人」ってのは、記憶と情報処理以外の能力が優れているというわけです。

 

頭を良くするためには

 

じゃあ、総合的な脳力を高めて「賢者」になるためには、どんなことをする必要があるのでしょうか。洗い出してみます。

 

勉強

そらそうじゃ。

記憶は勉強を反復することで、理解し、定着していきます。

社会人でも、自分の仕事に関する資格や、趣味に関する勉強ができますね!

 

読書

情報処理、理解、創造、これらが鍛えられます。

頭の良い人の頭の中を見せてもらっているようなもんですね。

 

頭を使う問題を解く

  • 脳トレ
  • 脱出ゲーム
  • フェルミ推定
  • Googleの入試問題

楽しく頭を使うゲームはなんぼでもあります。

 

先生を付ける

頭のいい人と仲良くなって、接する時間を増やすのも効果的です。

思考パターンとか、理解の早さとか、伝え方とか、しゃべっているだけで勉強になります。

 

趣味

  • 手足を動かしたり
  • 勉強したり
  • 想像したり
  • 集中したり

楽しんでいるときは脳がフル回転します。

脳がレベルアップすれば、仕事など趣味以外のタイミングでも脳力を発揮できます。

趣味なら楽しんで出来ますね!

 

なぜ「短時間睡眠」で頭が良くなるのか

じゃあ、なぜ「短時間睡眠」が頭を良くすると言えるのか。

 

時間がある

先ほど挙げた「頭が良くなる行動」は

  • 勉強
  • 読書
  • 問題を解く
  • 先生を見つける
  • 趣味

です。

 

これらは、直接仕事に関係するものではなく、しなくても生活できるので、優先度が低いものばかりです。

なので、「十分な余暇」がないとできないです。

その点、短熟睡を習慣にすれば、余暇だらけになります。

 

行動的になる

覚醒中に行動することで、

  • アドレナリン・ドーパミンが分泌される
  • 成長ホルモンが分泌される
  • GABAが抑制できる

これら科学的な理由で「行動的・意欲的」になります。

 

睡眠はこの逆で「よく言えばリラックス、悪く言えばやる気の減退」を招きます。

夜中の勉強は普通に頑張れるけど、早朝の勉強って難しいですよね、そゆことです。

 

脳の停止時間が短い

睡眠中は、脳は休んでいないとはいえ、需要感度はかなり落ち込みます。

睡眠時間が長くなると、文字通り「スリープ状態」が続きます。

 

また睡眠中は、日中に増えすぎた「脳神経細胞(シナプス)」を除去しています。

これが「記憶の整理」と言われるもので、聞こえは良いけどただ記憶を捨てているだけです。

逆に、長すぎる睡眠は、忘却も加速させているというわけです。

 

「よく寝ることで記憶が定着する」が正しくないから

よく耳にする、というか常識レベルの話だと思いますがこれも誤解されています。

理由は2つ。

①勉強に関する記憶の優先度が低い

睡眠中に優先的に定着する記憶は「非宣言的記憶」です。

これは運動やリズム、手順という運動に関するもので、勉強の知識ではないです。

「宣言的記憶」の定着が効果的なのは、ノンレム睡眠の一部なので、ノンレム睡眠が短くなる3時間以上の長い睡眠は必要ありません。

 

②宣言的記憶が定着するのは「レミニセンス」のおかげ

「宣言的記憶」という勉強的な記憶は「レミニセンス」のおかげで定着します。

これは、筋力トレーニングをした後の「超回復」みたいなもんで、「記憶は時間が経過してからの方が想起しやすい」というものです。

 

「睡眠」で記憶が定着した、と勘違いしているだけで、眠らなくても時間が経てば、レミニセンスは起こるというわけです。

 

それでもまだ信じられないなら

もし、この説明でも「睡眠を取らないと記憶が定着しない」と信じるならば、

僕とテスト勝負して確かめてみるのはいかがでしょうか。

 

お互い未知の領域について、よーいドン!で勉強を始めて、

1週間後にテストをして、どっちの方が結果が良いかを試します。

 

  • あなたが寝ている間も、僕は勉強をし続け、
  • あなたが日中に眠たい目をこすって集中できない時も、高いパフォーマンスを維持し、
  • 眠くなったら素直に寝てしまうあなたを横目に、眠気を効率的に除去します。

本当に勉強の記憶が、「睡眠によって定着」するならば、睡眠時間が圧倒的に多いあなたが、テストでも圧勝できますよね。

 

確かに、睡眠によって「記憶の定着」に一定の効果があるのは確かです。

しかし、残りの

  • 分析
  • 創造
  • 情報処理
  • 思考
  • 理解

という機能についてはノータッチになります。

 

テストの点数では測れない「頭の良さ」も短熟睡で得ることが出来るというわけです。

 

まとめ

 

脳科学の世界では「脳は疲れ知らずで、使えば使うほど向上する」という定義があります。

 

「脳の疲れ」と思っているものは、ただのストレスです。

ストレスをコントロールして、毎日いろいろなことに挑戦し、活動すれば、あなたの脳力はどんどん向上していきます!

短眠によって「脳の成長曲線」を変えていきましょう!

 

圧倒的な時間を求めるあなた へ

短眠スキルをGETできるメール講座を公開中!

 

 

 

 

-パフォーマンス -performance-
-, , , ,

Copyright© 短眠ラボ , 2020 All Rights Reserved.